【限定製作】 ウィップラッシュファクトリー 【大型商品】 ハイドロナーガ XSR703GX-TFS レトリビューションタスクフォース サーペントライジング-ロッド・竿




※納期表示のご説明

仕様/規格
●ハイドロナーガ バウンドレス
●レングス:7フィート3インチ(220cm)
●継数:irg2(変則2ピース「スピゴット・ジョイント」)
●仕舞(cm):135
●ウェイト(g):340
●先径(mm):2.8
●元径(mm):15.8
●適応ラインPE(#):7~8
●パワー:MSH(M.スーパーヘヴィ)
●テーパー:FSR(フルステップ・レギュラー)
●タイプ-SPRIII(28.5)
●カーボン:98%
商品説明
●XSR703JX-TFのブランクをベースにスピニング仕様にしたモデル。XSR703GX-TFよりワンランク強化したブランクは、主導権確保が優先される状況下で頼りになります。総重量が重く空気抵抗が大きく、通常のベイトリールのブレーキシステムでは投げづらいルアーを使用するゲーム、ベイトタックルでは不利な状況下のためのモデルです。最小ガイド径は「12」に設定。バットガイド径を「40」にアップしたので、XSR703GX-TFより少し大型のリールも使うことができます。
●TASK FORCE 1stモデルは「空飛ぶ蛇神」。「SERPENT RISING RETRIBUTION」自体、ハードコアな趣のあるシリーズですが、この「TASK FORCE」は、その名「特殊任務」が示す通り、さらに特化を試みています。その特化が今後いかなる方向に広がるのかは不明ですが、まずは様々な移動手段における簡便性とライギョロッド本来の強靱な機能性をブレンドした変則2ピースモデルを開発。航空機による移動が増えたこともあり、「空」や「飛行」を意味する形容詞「AERO」に蛇神「NAGA(ナーガ)」を合体させ「AERONAGA」と命名しました。
■良くあるご質問
Q.(重量が表記されていない)ロッドの重量を知りたいのですが・・・まず、ロッドは同じ製品でも表面の塗装の量やガイドやグリップ部を接着している樹脂の量で重さが数グラム単位で変動することをご理解下さい。これは市販されているロッドの塗装工程や組み立て工程のほとんどがクラフトマンによる手作業で行なわれているためで、全ての製品を同じ重さにすることが不可能だからです。

そのため、メーカーの公表しているロッドの重量は標準自重(生産されたロッドの平均重量)または設計自重(プロトタイプ完成時の重量)となっております。

当店ではメーカー公表値のあるものに関しては仕様規格欄に記載しておりますが、メーカー公表されていないロッド(特に低価格商品)に関してはお答えいたしかねる場合がございますが、予めご了承願います。

しかしながら、重くて釣りにならないロッドは当店では
取り扱い致しておりませんのでご安心くださいませ。
Q.ロッドの継ぎ部分が入りきらず、間があいてるのですが何故でしょうか?継ぎ部分の不具合でしょうか?  
不具合ではございません正常です。こちらの継ぎ方式は【印籠継ぎ】(スピゴットフ  ェルール)と言います。季節や環境の変化による合わせ部の膨張、収縮と磨耗に対応 する為に、メーカーによって異なりますが継ぎ目に間があくように設計されています。 また、並継ぎタイプよりも印籠継ぎの方が素直なベンディングカーブを実現させる事  ができるので素直なアクションに仕上がるメリットもあります。
Q.リールとロッドの適合確認は出来ますか?同一メーカー製品同士であれば確認を行なうことは出来ますが、他社製品同士または輸入品につきましては確認を行なうことが出来ません。
リールとロッドは取り付け部形状の共通規格が無く、適合しない場合がございますので、予めご了承下さいませ。

ジャンル識別情報:/g1001/g201/g305/m777/

【限定製作】 ウィップラッシュファクトリー 【大型商品】 ハイドロナーガ XSR703GX-TFS レトリビューションタスクフォース サーペントライジング-ロッド・竿

三部作最終作という割には思ったよりあっさり映画でした。でもこれくらいの方が後腐れも無いですし逆に良いのかも?

【限定製作】 ウィップラッシュファクトリー 【大型商品】 ハイドロナーガ XSR703GX-TFS レトリビューションタスクフォース サーペントライジング-ロッド・竿

ジェットスキーカバー 420 DENIERジェットスキーPWCカバーシードゥーボンバルディアGTX 4-TEC VTCE 2003-2005新しい 420 DENIER Jet SKi PWC Cover Sea Doo Bombardier GTX 4-TEC VTCE 2003-2005 NEW

ポケモンGoのおかげで、20年前に好きだったポケモンであるモルフォンの事を思い出せました。20年前と同じように、またゲットしたモルフォンと共に頑張れそう。よろしくね!